インディアンフルート作成の流れ

まずは、墨出しです。
この時、木目の向きを考えてどちらを吹き口にするか決めます。
のちの、仕上がり(木目)にも影響しますので大事なポイントになりま
す。

 

 

線に沿って、彫刻刀で丸い(半円形)の溝をほっていきます。なかなか手間がかかります。

 

両方、削れたところで、荏油(マルタ一番しぼり純正荏油100%植物油)を、薄く伸ばしながら塗ります。
水分に対する保護になります。

 

荏油(マルタ一番しぼり純正荏油100%植物油)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
木工ボンド(ホルムアルデヒドが含まれてないもの)で接着。
クリップでしっかり固定します。

 接着したらカンナで、削っていきます。
慎重に、削っていきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・後は、形が整ったあと、サウンドホールの四角の穴を、ヤスリで削りながら調整していきます。(バードは、予備を作っています。)

・あと、指穴の大きさと、ピッチの調整をします。(KORGのチューナーで音を確認しながら、丸ヤスリで微妙に指穴を削っていきます。 )
・表面の塗装
・荏油を、塗ります
・塗装の乾燥の間、バード部分を作成します。
・乾燥した後、仕上げの塗料を塗ります。(ターナー社製のオイルステインとグロスフィニッシュを使っています。いずれも天然植物製塗料です)
・表面に、蜜ロウワックスを、薄く伸ばしながら、磨けば完了です。
・塗装仕上げ後、サウンドホールと指穴のピッチの微調整を行います。

 

以上が、大まかな流れになります。
塗装の乾燥、そして微調整を考えると、どうしても1週間位はかかります。
作成後、インディアンフルートの、表面の色が微妙に変わっていくのも楽しみの一つです。使っていくうちに、木肌の味がでてきます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA